第二新卒が面接を突破するためのポイント

新卒で入社した会社ですが、自分のやりたい仕事とイメージが異なったり、新しい仕事に興味を持って転職をするかどうか迷うという事はよくありますよね。

特に社会人経験がないのであれば、やりたい仕事と実際に行う仕事のイメージが異なっているのは当然であり、若いうちであれば様々なことを経験することで新しいことに興味を持つのは極自然なことです。

そして、本当にやりたい仕事が見つかったのであれば、年齢問わず早い段階で転職をすることは非常に良いことだと考えます。

近年では第二新卒というカテゴリが出来て、新卒で入社企業を早期に退職してしまった「第二新卒」のイメージが良くなっています。

また第二新卒とはとても呼べないような、ある程度の年齢を重ねてしまった人々は、未経験の業種や仕事に就けないこともあるため、行動は早い方が良いと言えます。

当たり前のことですが、会社を退職すれば大半の人が転職活動を行わなければいけなく、書類選考や面接などを受けなければいけないですよね。

特に、面接については苦手意識を持っている人も多く、また何から対策していいのかわからずに実際の面接を受ける方も多いです。

当然、第二新卒の人も当てはまります。

今回は第二新卒にて転職を目指す人向けに「採用面接」を突破するためのポイントを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
PC用ad

第二新卒が面接を突破するためのポイント

どの仕事に応募するにしても面接は必ずありますし、聞かれる質問は似ているため、対策をしておけばある程度の事はスムーズに受け答えが出来ます。

特に第二新卒の方であれば面接で質問されることは限定的になるため、何点かポイントを押さえておくだけで採用の確率は大きく上がります。

第二新卒の方を面接する場合に多い質問が

「退職した理由」
「これまでやってきた仕事内容」

を質問されるケースが多いです。

退職理由を聞く意図としては、会社としては長期的に働いてくれる人を求めているため、どのような経緯で退職したのかは非常に気になる所であり、その内容次第で合否の判断材料にしている事が多いです。

また、新卒で入社した会社ではどのような事をしていたのか聞くことによって、どのような事が出来るのか判断している事が多いです。

また、面接時には仕事に関する質問だけでなく、趣味や休日に行っていることについても質問されることは多いです。

この質問の意図は、基本的にはどのような趣味を持っていて休日はしっかりと息抜きできているかを判断したり、趣味でその人のイメージが大きく決まってくることになります。

もし、数多く趣味がある人であれば複数答える事も良いですし、1つに絞って深く話すことも可能です。

その他、志望動機などを質問されるケースもありますが、基本的な質問項目は多くないため、対策する事で面接の突破の可能性は高くなります。

また、面接時には質問の受け答えよりも、座っている時の姿勢や声の大きさなどビジネスマナーなどをしっかり見ている企業もあります。

基本的には、一般的な行動をしていれば問題はありませんが、面接時の姿勢で背筋が曲がってしまう事や、声の大きさをしっかりと調整して面接を受けることなどは意識をしておく必要があります。

面接は場合によっては1時間近く話をする機会にもなりますので、面接を受ける前にはしっかりと心がけをしておくと印象が悪いという事もなくなります。

面接をサポートしてほしい場合

第二新卒での転職に向けて面接を上手く突破したい。

けれども自己流の対策で合っているのか?

不安でしょうがない・・

という人向けにたずねたいのが、転職サービスを利用することで面接対策をサポートしてくれるのってご存知ですか?

無料で利用することが出来るので、相談する先がどこにも無い人にはオススメです。

転職サービスには色々とありますが、第二新卒専門の「マイナビジョブ20’S 」が大手なのでオススメです。

面接対策も含めて以下のようなサービスを受けることができます。

●適性診断
●キャリアカウンセリング
●求人紹介
面接対策
履歴書・職務経歴書の添削
●日程調整をはじめとした企業とのやり取りを代行
●内定後の入社交渉の代行

無料なのに手厚く幅広くサポートしてくれます。

公式サイトはこちら >> マイナビジョブ20’S

スポンサーリンク
PC用ad
PC用ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です