第二新卒の転職理由は必ず明確にする!

新卒で採用された会社を数年で退職した人を第二新卒と言います。

特に、最近では会社の雰囲気が合わなかったり、仕事内容がイメージと異なっている、そして将来の事を考えて早めに転職活動に動く社会人の方も多いです。

新卒で会社を3年以内で辞める方も約3割いるとの事で、1つの企業で定年まで働くという可能性はとても低くなっており、転職も一般的な事となっています。

しかし、転職をするとなれば様々な事に気を付けなければならない事があります。

特に新卒で会社を退職した場合は初めての転職活動となるため、要領よく行動をしなければあっという間に数ヵ月が経過していたという事になります。

通常、転職活動をする場合は2、3ヵ月で次の会社が決まるケースが多いですが、転職活動の期間が6カ月以上開いてしまうと採用に影響が出てしまう事も多いです。

初めての転職活動となれば、企業に求める条件や希望する求人を見つけるのにどうしても時間がかかりますので、のんびりしていると6カ月という期間はあっという間に過ぎてしまいます。

そのような事にならないためには、面接時の質問で聞かれそうなことを抑えておく事です。

今回は第二新卒の人向けに面接で聞かれるであろう「転職理由」について、どのように考える必要があり、採用企業の担当者へ伝える必要があるのかを考えていきます。

スポンサーリンク
PC用ad

第二新卒の転職理由は必ず明確にする!

会社の求人に応募するとなれば、新卒の場合には志望動機や将来やりたいことを聞かれるケースが多いです。

第二新卒となれば最初に入社した会社での仕事内容を質問されることが多いです。

それは、どのような仕事をしてきたのかを知るという事と、企業の戦力になるのかチェックされている事が多く、企業が求めているスキルを持っていたり、受け答えが明確にしっかりと答えていれば採用に繋がる可能性が高いです。

特に、第二新卒の方が良く質問されることが多いのが

1つ目の会社の退職した理由(転職理由)

です。

その点にしっかりと答えられなければ、面接を受けても良い感触を得られなかったり、企業側も採用について見送る可能性もあります。

まず、転職理由についてですが、企業としては第二新卒を採用する場合は、長期的に働いてくれる人を採用したいと考えています。

そして、出来る限り短期間で戦力となる人を探している事が多いため、

「転職理由を明確に話すことが出来ない場合」
「条件面などの不満などで退職してしまった」

という場合は企業側も採用に後ろ向きになってしまう事もあります。

やりたい仕事があって転職する場合は問題はありませんが金銭面や条件面を第一の理由として挙げてしまうと印象が悪く見えてしまうことがあります。

本音で話すことは大切ですが、自分のイメージが悪くならないように話せるようにする必要があります。

第二新卒となれば、新卒と違って求められるものが高くなりますので、会社にどのような部分で貢献が出来るのかをしっかりと考えていくと早い段階での採用をもえらる可能性が高くなります。

前向きで明確な転職理由を考えるサポートについて

転職サービスを使えば、明確な転職理由を考えるサポートもしてくれます。

色々なサービスがありますが、オススメなのは大手「マイナビ」の第二新卒専門サービスである「マイナビジョブ20’S 」です。

どんなサポートを受けられるのか列挙しますと

●適性診断
●キャリアカウンセリング
●求人紹介
●面接対策
●履歴書・職務経歴書の添削
●日程調整をはじめとした企業とのやり取りを代行
●内定後の入社交渉の代行

などなど、第二新卒での転職を成功させるために様々な手助けをしてくれます。

無料のサービスです

公式サイトはこちら >> マイナビジョブ20’S

スポンサーリンク
PC用ad
PC用ad
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です