[windosws10]netstatコマンドで表示される状態の意味

windowsにてnetstatを実行した際のステータスの意味を忘れがちなので自分メモも兼ねて記載します。

スポンサーリンク
PC用ad

netstatコマンドで表示される状態の意味

Windows10でnetstat -aなどを実行した際に表示される状態の意味です。

ESTABLISHED・・・接続が確立している状態

3ウェイハンドシェイクが終わって接続している状態のこと。

通信を行っている間はこの状態と思えばよい。

LISTENING・・・該当ポートが待ち受けている状態

該当ポートが待ち受けている状態。

例えばTCP 80が「LISTENING」していればHTTPサービスが起動して利用できる状態。

CLOSE_WAIT・・・FINを受信し、送信した状態。

相手からFINを受信し、こちらからFINを送信した状態。

この後、ackを受信することで「CLOSED」になる。

TIME_WAIT・・・FINに対するACKが相手に届くのを待っている状態。

最後のFINに対するACKを送信後に一定時間待っている状態。(ACKが確実に届くのを待つため)一定時間経過後に「CLOSED」になる。

スポンサーリンク
PC用ad
PC用ad
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください