wiresharkのストリーム表示機能でまとめてパケットの中身を確認する

tcpstream_gamen

どうもアルパパです。

フリーのパケットキャプチャソフト「Wireshark」便利機能の紹介をします。

ストリーム表示という機能でパケットの中身をまとめて表示することが出来ます。

※Wireshark Version 2.0.4を使用しています。

関連ページ

wiresharkの使い方講座 ~パケットキャプチャの方法とパケットの見方について

wiresharkの使い方講座 ~ディスプレイフィルタの適用と入力例~

wiresharkのフローグラフでパケットの流れを表示する 

パケットキャプチャ用に!ミラーポート対応のネットギア激安ハブに迫る

スポンサーリンク
PC用ad

Wiresharkのストリーム表示機能でまとめてパケットの中身を確認する

ストリーム表示機能とは

一連の通信の内容を分かりやすくまとめて表示する機能です。

今回はHTTPの通信について見てみます。

表示方法

(前提としてパケットキャプチャ済みで、まとめて表示したいパケットを見つけている状態とします)

まとめて表示したい通信のパケットを選択した状態で、上部メニューの「分析」⇒「追跡」⇒「TCPストリーム(HTTP=TCP 80なので)」を選択。

tcpstream

すると以下のようにHTTPの通信がまとめて表示されます。

tcpstream_gamen

赤字がクライアント(PCのこと)からのHTTP要求、青字がHTTPサーバーからのHTTP応答となります。

もしこの画面を使わない場合は、通常のパケット表示画面の下部(赤枠の中)にて1つ1つのパケットを確認しないといけないです。手間ですよね。

ichiran

HTTPのデータを確認は出来るが・・

軽くまとめ

ストリーム表示機能でパケットを分かりやすくまとめて表示することが出来ます。

1つ1つのパケットを表示させなくて良いので楽ですね。

パケットキャプチャ関連商品の紹介

アルパパも購入して使用しているパケットキャプチャ関連商品を紹介します!

パケットキャプチャ入門 第3版 (LANアナライザWireshark活用術)
竹下 恵
リックテレコム
売り上げランキング: 29,822

パケットキャプチャの入門書です。Wiresharkを使用したパケットキャプチャ方法などが詳しく載っています。大きな本なので持ち運びに不便ですが、情報量が多くオススメです。

ミラーポートに対応したハブです。4000円弱の値段でパケットキャプチャをする環境が手に入るってすごくないですか?

以下のページで詳しく紹介しています。

パケットキャプチャ用に!ミラーポート対応のネットギア激安ハブに迫る – Rpapa WEB

スポンサーリンク
PC用ad
PC用ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です